<< 最近のお墓事情 訴茲犬泙 | main | 琴崎八幡宮の風鈴まつり(2019年) >>
2019.08.15 Thursday

最近のお墓事情◆素執堂・樹木葬・散骨など

0

    少子高齢社会となり、「おひとりさま」も増えてきました。これまでのようなお墓を守るということができないケースも増えてきています。そのため、最近は、従来のお墓(石墓)という形にとらわれない方法を選択するヒトも増えています。

     

    お墓というと、\佇茲鮖廚ど發べる方も多いかと思いますが、その他にも、納骨堂、樹木葬、け並絛〕槓茵↓セ狭などがあります。

     

    \佇

    「○○家の墓」というのが、墓標に記されているのが一般的ですが、最近では自分の生前の趣味に合わせたモニュメント形式の墓石を作る方もいらっしゃいます。石墓の場合、初期費用がおおよそ200万円といわれています。管理費用として、年間で数千円から1万円程度かかります。

    納骨堂

    大きな建物の中に、多数の遺骨を納めるタイプのお墓で、土地の少ない都市部においては、一般的になりつつあります。近代的なものは、カードをかざすと、自動的に分別して故人の位牌・遺骨を礼拝所まで持ってきてくれるものもあります。費用としては、50万円〜150万円が一般的です。年間の管理費用は、5000円〜2万円程度かかります。

    樹木葬

    草木を墓標にするお墓。お骨はいずれは自然に還るモノというイメージで利用するヒトが増えてきている。初期費用として20万円〜50万円程度かかり、年間管理費が不要というところもあります。

    け並絛〕槓

    遺骨を骨壺からから出して、複数のヒトと一緒に埋葬するタイプのお墓で、納骨堂・樹木葬に納められた遺骨も、一定期間を過ぎると永代供養墓に移されることが多いようです。初期費用が3万〜50万円程度と一般的なお墓に比べてリーズナブルです。お墓の承継者がいない場合も利用できることから、今後も増えていくモノと考えられます。年間の管理費が不要ということもメリットの一つです。

    セ狭

    海に遺骨をまくのが一般的ですが、山林にまく場合もあるようです。費用としては、10万円程度かかります。

     

    いずれのお墓を選択するにしても、生前にお墓を承継するモノとの間でよく話し合っておくことや、「おひとりさま」の場合は、死後事務委任契約を結んでおいて、終の住処を確保しておくコトをお勧めします。

     

    ホームページはこちら

     

    コメント
    コメントする