<< 最近のお葬式事情〜直葬について | main | 最近のお墓事情◆素執堂・樹木葬・散骨など >>
2019.08.14 Wednesday

最近のお墓事情 訴茲犬泙

0

    最近は、おひとりさまが増えてきたり、子どもが都会に出たまま帰ってこないために、先祖代々のお墓を管理するヒトがいないケースが増えてきました。そこで最近増えてきているのが、「墓じまい」です。

     

    墓じまいとは、これまでの先祖代々の墓を、管理しやすい場所に引っ越したり、整理したりするコトです。都会に住む子どもが、自分の近くの墓地にお墓を移すケースが増えてきているようです。これを機会に、合葬墓や納骨堂に替えるといった選択肢もあります。

     

    墓じまいの流れとしては、

    ^っ越し先の墓地を決めて、管理者から、「墓地の使用許可証」を受け取る。

    現在の墓地のある市町村役場で、「改葬許可申請書」の交付を受ける。

    8什澆諒菽呂隆浜者から、「埋葬証明書」を発行してもらう。

    じ什澆諒菽呂里△觧堋村役場に「改葬許可申請書」と「埋葬証明書」を提出して、「改葬許可証」を発行してもらう。(引っ越し先の「墓地の使用許可証」が必要な場合もあるため、市町村役場で確認する。)

    ジ什澆諒菽呂隆浜者に「改葬許可証」を提示して、遺骨を取り出す。墓石の移転や撤去は、石材店などに依頼する。

    Πっ越し先の墓地の管理者に、「改葬許可証」を提出して、納骨する。

    となるようです。

     

    ただし、長年、檀家として菩提寺と付き合っていた場合には、一方的に「墓じまい」を通告した場合に、トラブルになる場合もあるようですので、現在の墓地に管理しているお寺の住職がいるようであれば、事前によく話をしておくことも必要でしょう。

     

    * 厚生労働省の衛生行政報告例によると、2017年の改葬件数は、全国で10万4493件で、そのうち無縁墳墓の件数は、3384件でした。(2000年の改葬件数が6万6643件、無縁墳墓が2096件、2010年の改葬件数が7万2180件、無縁墳墓が2584件なので、この件数は年を追う毎に着実に増えています。)

     

    ホームページはこちら

     

    コメント
    コメントする