<< 高齢者(65才以上)の家族形態について(平成30年) | main | 高齢者の味方となるか?〜「リバースモーゲージ」と「リースバック」 >>
2019.08.08 Thursday

60才の平均余命は、男23.84才、女29.04才です!(平成30年)

0

    厚生労働省より、平成30年簡易生命表が発表されました。

    これによると、男の平均寿命は、81.25年(H29;81.09年)、女の平均寿命は、87.32年(H29;87.26年)と昨年に続き、大きく伸びています。

     

    60才の平均余命は、男23.84年(H29;23.72年)、女29.04年(H29;29.97年)となりました。

    65才の平均余命は、男19.70年(H29;19.57年)、女24.50年(H29;24.43年)となり、改めてセカンドライフが長くなっていることを思い知らされます。65才の男性では85才、女性では90才までのライフプランを考えておいた方が良さそうです。

     

    ちなみに、海外に目を向けてみると、男で、ノルウェー81.00年、スイス81.4年、他にはオーストラリア80.48年、スウェーデン80.78年、スペイン80.37年、アジアでは、シンガポールが80.7年と長寿国です。

    女では、80才を超えている国は意外に多く、ヨーロッパではほとんどの国が80才を超えています。超えていないのは、ロシア77.07年とウクライナ76.46年くらいです。アジア地域で80才を超えていないのは、中国79.43年、インド70.2年、イラン75.5年、マレーシア77.2年、パキスタン67.62年、タイ78.8年となっています。もっとも大国の場合、極端に暑い地域と寒い地域が混在し、どこに住むかによっても、寿命に差が出てきそうです。

     

    ホームページはこちら

     

    コメント
    コメントする