<< 「遺言作成」支援は「行政書士」にお任せください! | main | 相続に関するルールが大きく変わります(その5)〜法務局における自筆の遺言の保管制度 >>
2019.02.07 Thursday

相続に関するルールが大きく変わります(その4)〜自筆証書遺言の方式緩和

0

    2019年1月13日から自筆証書遺言の方式が緩和され、自筆での遺言が作りやすくなりました。

     

    従来は、全文自書していないと無効とされていた自筆での遺言ですが、改正法が施行され、現在では財産目録についてワープロ打ちが認められるようになりました。つまり、財産目録については手書きで作成する必要はなくなりました。ただし、財産目録の各ページに署名&押印は必要です。また、通帳のコピーや不動産の登記事項証明書を目録として添付することも認められています。これは、遺言書の最終の意思を担保するためのものなので、できるだけ正確に作ることに注意しましょう。

     

    相続財産が多かったり、複雑なヒトには朗報です。財産目録を訂正することもできるのですが、ワープロ打ちの場合は差し替えることも容易なので、加除訂正する場合は、そのページ毎打ち換えて差し替えることをお勧めします。

     

     

    ホームページはこちら

     

    コメント
    コメントする