<< ヤマノ事務所(2019年1月) | main | 相続法改正(その1)〜自筆証書遺言の方式緩和 >>
2019.01.13 Sunday

自筆の遺言の方式が緩和されました!

0

    本日より、自筆での遺言が書きやすくなりました。具体的には、財産目録をワープロで打って、自筆で書いた本文に添付できるようになります。

     

    これまでは、遺言書全文を自筆で書いておく必要がありました。一部でもワープロを用いた場合は方式に反するとして無効とされていました。今回の相続法の改正により、1月13日以降に作成する自筆証書遺言については、ワープロで打った財産目録を添付することで、有効な自筆証書遺言として認められることになりました。また、財産目録に代わるモノとして、不動産登記事項証明書や預貯金通帳の写しでもかまいません。(ただし、正確性を担保するために、各ページに遺言者の署名・押印が要求されます。)

     

    * 包括的に誰か1人に相続させる場合においても、相続財産を明らかにする上で、財産目録を添付しておけば、相続人は何が相続財産なのかを知ることができ、安心でしょう。まずは、毎年決まった日に財産目録を整理して、自筆証書遺言に添付した上で、2020年7月10日から始まる法務局での保管制度に備えることをお勧めします。

     

     

    ホームページはこちら

     

    コメント
    コメントする