<< 相続の基礎知識(その17)〜預貯金の相続 併蓋銀行) | main | 高齢者の雇用状況(平成30年) >>
2018.12.18 Tuesday

高齢者と学生が同じ屋根で暮らすことについて

0

    全国各地で、高齢者の自宅の空き部屋に学生が下宿して、交流したり助け合ったりする「異世代同居」の取り組みが広がっているということです。

     

    高齢者にとっては、若者と交流することにより、孤立化を防ぎ、ボケ防止になります。また、自己の見守りにもつながり、「孤独死」を防ぐ意味合いもあります。年金だけでは心許ない高齢者にとっては、定期的に生活費の不足分を補えるというのは一石二鳥というか三鳥だと思います。

     

    学生にとっても、下宿代が安くなり、経済的に苦しくなっている現代の学生の状況からみても、メリットは大きいように思います。また、高齢者と交流することにより、それぞれの人生から得た「知恵」のようなモノを受け継ぐこともでき、単純にマネーだけの問題だけではないような気もします。

     

    山口県においては、山口市(山口大学・県立大など)をはじめ、宇部市(山大医学部・工学部・宇部高専など)・下関市(市立大学・東亜大学など)・周南市(徳山大学・徳山高専)など多くの学生を抱える市町村があります。また、老齢化が他県と比べて10年進んでいる言われ、昨今の「おひとりさま」が急増しており、持ち家の比率が高く、広い家を構えている高齢者が多いという現状から考えると、こういった取り組みは必要なような気がします。

     

    わたしの周囲を見回しても、元気な高齢の「おひとりさま」が多く、広いお家を持て余している方も多いように思います。こういった資源の有効活用のためにも、行政やNPO団体が名乗りを上げてほしいと思います。

     

    ホームページはこちら

    コメント
    コメントする