<< 彫刻の街うべ(その3) | main | 地球の明日が見えますか2018 >>
2018.12.24 Monday

相続の基礎知識(その18)〜預貯金の相続◆覆罎Δ舛膓箙圈

0

    今回は、ゆうちょ銀行の相続手続について解説します。

     

    「ゆうちょ銀行」の場合、他の銀行と異なり、ひと手間多いことと、貯金の額が100万円以下の場合には手続が簡易になっていることが特徴です。つまり、以下のような流れになります。

     〆粘鵑蠅里罎Δ舛膓箙圓冒蠡骸蠡海凌十个鬚靴董「相続確認表」を受け取る。

    「相続確認表」に必要事項を記入し、ゆうちょ銀行に提出する。

     △裡院2週間後に、「相続手続請求書」「必要書類のご案内」が送ってくるので、これに記入してゆうちょ銀行に提出する。

    ぁ´の1〜2週間後に、代表相続人の口座に貯金の払い戻しがなされる。

    〜 全国どこの窓口でも受け付けてもらえますが、相続手続の処理は「貯金事務センター」で一括して行うために、書類のやりとりにある程度の時間がかかります。「相続確認表」によって、ある程度の振り分けを行っているようです。

     

    <相続確認表の記載事項>

     “鐐蠡蛙諭碧瓦なったヒト)

    ◆‖緝汁蠡蛙

     その他の相続人

    ぁ〜蠡蛙祐屬諒教弔陵無

    ァ^篁妻割協議書の有無

    Α^筝製颪陵無

    А|金の記号・番号

    ─‥蟷饋託の有無

     

    <相続手続請求書の記載事項>

     “鐐蠡蛙佑了疚勝住所・生年月日

    ◆“鐐蠡蛙輿完の署名・押印(実印)

     貯金の種類・記号・番号

    ぁ^筝世陵無

    ァ(戻の口座

     

    * 相続手続のケース毎に必要な書類(遺言書・遺産分割協議書・調停調書・審判書など)は、他の金融機関と大差はありません。

     

    貯金が金額が100万円以下の場合は、簡易解約ができます。この特徴は、“鐐蠡蛙佑慮誉劼蓮∋猖瓦竜載が入ったものだけでよいこと、代表相続人のみの署名・押印(実印)で足りることです。

     

    <簡易解約の場合の必要書類>

     〜蠡骸蠡垣禅畚

    ◆“鐐蠡蛙佑了猖瓦竜載のある戸籍謄本

     被相続人の代表相続人の関係性が分かる戸籍謄本

    ぁ“鐐蠡蛙佑里罎Δ舛膓箙圓慮座の通帳・証書

    ァ‖緝汁蠡蛙佑琉鑑証明書

    Α‖緝汁蠡蛙佑亮属

    А‖緝汁蠡蛙佑遼椰由稜Ы駑燹善薪礁筏証など

     

    ホームページはこちら

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする