<< 宇部市のイルミネーション2018(その2) | main | 家計における金融商品の構成比(2018年) >>
2018.12.12 Wednesday

終活のすすめ(その4)〜移行型任意後見契約

0

    任意後見契約には、‐来型、移行型、B┯型の3類型があります。

     

    ,両来型というのは、契約締結時にはなんらの事務も発生しないのですが、将来的に認知症などの症状が出たときに、任意後見契約が発効するモノです。

    △琉楾垠燭箸いΔ里蓮△泙査盪佐浜契約を締結して、任意後見契約の発効前から受任者が財産管理を行っていて、本人の判断能力が落ちてきたときに、任意後見契約を発効させて、任意後見人が続けて財産管理を行うモノです。

    の即効型というのは、任意後見契約の締結後、直ちに任意後見契約を発効させるモノです。

     

    ,両来型はもっともシンプルな契約で、将来的に精神上の障害が起こらずに、任意後見契約が発効しないケースもあります。

     

    △琉楾垠燭蓮△發辰箸發茲利用される形態で、身体が不自由になった時点で、将来精神上の障害が起こることも想定して、今後の財産管理を終生にわたって信頼のおけるヒトに依頼する契約です。この場合も、信頼の置けるヒトがいるかどうかがポイントになります。

     

    の即効型は、任意後見契約を発効させるためには、家庭裁判所に任意後見監督人の選任を申し立てる必要があるのですが、その要件としての判断能力の程度は「補助開始」程度で足りるということなので、このようなケースもあるようです。任意後見の契約時に、公証人が関与するため、本人の真意に基づいた適正な契約がなされていることが担保されます。ただし、本人の判断能力が必ずしも十分ではない場合もあり、任意後見事務がスムーズにいかないケースもあるようです。

     

    成年後見制度と任意後見契約の差異は、自らの意思で自分の財産を管理してもらう後見人を選べるか否かという点です。見ず知らずの第三者に自分の財産管理を任すのは嫌だという方は、任意後見を検討しましょう。

     

    ホームページはこちら

     

     

    コメント
    コメントする