2019.09.21 Saturday

動物愛護週間です!「共に生きる〜シニアペットとシルバー世代〜」(令和元年)

0

    9月20日(金)から26日(木)までは動物愛護週間です。小泉進次郎大臣で急に脚光を浴びている環境省の管轄です。

     

    令和元年度のテーマは、「共に生きる〜シニアペットとシルバー世代〜」です。

     

    ペットの寿命を考え、飼い主自身が高齢になって、病気や入院などで世話ができなくなった時のことを想定し、心構えと準備をしておくことが重要です。

     

     70才代のネコの飼育割合は、7.5%とけっこう高くなっています。

     

    ○ イヌの平均寿命  14.29才

    ○ 家ネコの平均寿命 15.97才

     

     

    平成30年(2018年)全国犬猫飼育実態調査の結果(一般社団法人 ペットフード協会)

     

    ホームページはこちら

     

     

    2019.06.13 Thursday

    改正動物愛護法が成立しました!(令和元年)

    0

      前回の改正が2013年で、動物愛護法はだいたい5年に1回改正が行われており、2018年に改正が行われるかと思っていましたが、本年(2019年)6月12日に改正法が成立しました。

       

      今回の改正点は、飼い主がペットを安易に捨てることを防止する他、災害などで迷い子になったイヌ・ネコを探すのに役立ちます。

       

      以下が主な改正点です。

       イヌやネコの販売業者に対して、マイクロチップの装着と所有者情報の登録を義務づけました。

       

      出生後56日(8週)経っていないイヌやネコの販売を禁止しました。

       

       動物への虐待に対する罰則も強化されます。

       現行法は、動物を殺傷した場合は、「2年以下の懲役又は200万円以下の罰金」ですが、改正後は、「5年以下の懲役又は500万円以下の罰金」となります。

       

      * マイクロチップは、直径2ミリ、長さ12ミリ程度の円筒形で、獣医師が注射器でイヌやネコの体に埋め込みます。記録された15桁の番号を専用の機械で読み取ると、飼い主の情報が分かります。

       

      今回の改正法は、公布から1年以内に施行されますが、マイクロチップの義務化は3年以内、「56日」の規制は、2年以内の施行となっています。

       

      ホームページはこちら

       

       

      2019.06.09 Sunday

      さようならチビクロちゃん!

      0

        今季2度目の保護ネコです。明日(10日)、里親さんの元に旅発ちます。このネコは、元気で活発なので、どこに行っても大丈夫ではないかと思います。

        元気でね!

         

         

        ホームページはこちら

         

         

         

        2019.05.30 Thursday

        さようなら!仔猫ちゃんズ(2019年春)

        0

          今回の保護ネコは、あっという間に里親さんが決まり、ご近所ですが旅立ちました。

           

           

          ホームページはこちら

           

           

          2019.05.27 Monday

          里親さん募集中です!

          0

            今年もボランティアで仔猫の里親を探しています。

             

            今回の仔猫ちゃんズは、あまりにカワイかったので、あっという間に里親さんが決まりました。ご協力ありがとうございました。

             

             

             

            ホームページはこちら

             

            2019.03.31 Sunday

            殺処分ゼロの宇部市に!(その4)〜クラウドファンティングが終了!

            0

              本日、3月31日をもって、クラウドファンティングを使った宇部市の「動物と共生するまちづくりプロジェクト」は終了しました。

               

              平成30年10月26日〜平成31年3月31日までに集まった金額は、145万6905円、参加人員は97人でした。

               

              集まった金額は、当初の目標額100万円をはるかに超えました。参加人員も100人近くあり、改めて関心の高さに驚きました。

               

              これで終わりというわけではなく、これをきっかけに動物と共生して行くにはどのようなことが必要なのかを考えるきっかけになればと思います。

               

              地方の衰退が叫ばれる中、イヌやネコが住みやすい街こそ、理想の街のように思います。今後、一匹でも不幸なイヌ・ネコがいなくなることを願うばかりです。

               

              ホームページはこちら

               

               

               

              2018.12.02 Sunday

              殺処分ゼロの宇部市に!(その3)

              0

                前回もお知らせしましたが、宇部市はクラウドファウンティングを使って、「動物と共生するまちづくりプロジェクト」の事業費を募っています。

                 

                この趣旨は、愛護団体が取り組んでいる野良猫の不妊や去勢手術、犬や猫の譲渡会、飼い主セミナーの開催費を助成して、殺処分を無くし、人と動物がともに幸せに暮らせる社会の構築を目指そうというモノです。

                 

                ちなみに、山口県の場合、平成28年のイヌとネコの引き取りと譲渡・処分数は、イヌで「引き取り1397頭、譲渡1164頭、処分142頭」、ネコで「引き取り1915頭、譲渡1066頭、処分836頭」でした。それでも、平成27年に比べて、殺処分が2175頭減少しており、この減少数は全国で一番多くなっています。罪のないイヌやネコが処分されることのない住みやすい街であることを願うばかりです。

                 

                クラウドファンティングの募集期間は、平成30年10月26日〜平成31年3月31日まで、目標額は100万円です。

                 

                本日(12月2日)現在、 55万1905円  集まっています。

                 

                クラウドファンティングはこちら

                 

                ホームページはこちら

                2018.11.24 Saturday

                殺処分ゼロの宇部市に!(その2)

                0

                  環境省より平成29年度のイヌ・ネコの引取・殺処分の件数が公表されましたので、ご紹介します。

                   

                  2017年度の全国の自治体で殺処分されたイヌ・ネコの件数は、はじめて5万匹を切りました。

                   

                  公表されたものによると、平成29年(2017年)のイヌ・ネコの引き取り件数は、イヌが3万8494頭、ネコが6万2137頭、合計10万0631頭のうち、譲渡されたものは、イヌで1万7668頭、ネコで2万2万6544頭、合計4万4212頭でした。

                  殺処分されたのは、イヌで8362頭、ネコで3万4865頭、合計4万3227頭でした。

                   

                  10年前の2007年度はイヌ・ネコの殺処分数は、約30万頭でしたから、これでも激減してはしているのですが、それでもこの数は多いように思います。

                   

                  ちなみに、山口県のイヌ・ネコの引き取り件数は、イヌが1578頭、ネコが1976頭、譲渡された数は、イヌで1328頭、ネコで1487頭でした。殺処分された数は、イヌで136頭、ネコで490頭、合計で626頭でした。現状としては、大都市ほど殺処分数が少なく、受け容れの体制が整いつつあるので、山口県の保護イヌ・ネコは東京や大阪・広島のボランティア団体に引き取られていく傾向があります。まずは、野良猫を減らして、去勢・避妊をしながら、不幸な子イヌ・子ネコが産まれてこないようにすることが大切です。

                   

                  環境省のHPはこちら

                  2018.11.17 Saturday

                  殺処分ゼロの宇部市に!(その1)

                  0

                    宇部市は、昨年に続いて、「動物と共生するまちづくりプロジェクト」の事業費を、インターネットのクラウドファンティングで募集しています。

                     

                    愛護団体が取り組んでいる野良猫の不妊や去勢手術、犬や猫の譲渡会、飼い主セミナーの開催費を助成して、殺処分を無くし、人と動物がともに幸せに暮らせる社会の構築を目指そうというモノです。

                     

                    助成対象は、市内の愛護団体で、現在9団体を認定しています。昨年度は、市内外から50万円の目標額を8000円上まわる寄付が集まり、ニャンニャンワールド、猫吉、ボイスオブアニマルの3団体に合計32万円2000円の助成がありました。ちなみに、我が家は猫吉さんを支援しています。

                     

                    昨年度は、保健所に仔猫や成ネコが167匹持ち込まれたのですが、愛護団体で新たな飼い主を見つけて引き取れたのは、126匹でした。市の方でも、「殺処分ゼロを目指し、動物愛護団体との連携を強め、団体の活動をさらに広げていくための支援をする。クラウドファンデングによって、市の取り組みを全国に発信したい。」と意気込んでいます。

                     

                    クラウドファンディングの募集期間は、平成30年10月26日〜平成31年3月31日まで、目標額は100万円です。ちなみに、本日(11月17日現在)では、7万2905円集まっています。

                     

                    ご興味のある方は、こちらへ

                    2018.08.21 Tuesday

                    さようならサバオ!

                    0

                      本日、関東地方に旅立っていきました。良い飼い主に恵まれて、元気で育っていってほしいと思います。

                       

                       

                      ホームページはこちら

                       

                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM