2019.11.15 Friday

遺言のワンポイント・アドバイス(その8)〜付言事項

0

    自分の想いを「付言事項」に託そう!

     

    「付言事項」というコトバをご存じでしょうか?

     

    遺言には、法的に意味のある「遺言事項」だけではなく、法的な効力はないものの、相続人に対して、自分の想いを伝える「付言事項」というものがあります。

     

    この「付言事項」には、^筝世鮟颪い親圧 ↓∩魑靴簀執、ペットの飼育に関する希望、財産の配分の理由、ご麝進の事情、遺族等に対する感謝の気持ちなど、法的な意味合いとは別に自分の想いを伝えることで、相続人の共感を得て、相続財産の承継がスムーズに行われる場合が多々あります。

     

    また、相続財産以上に負債が多い場合には、「付言事項」を活用して、遺言書で「相続放棄を促す」こともあります。

     

    従って、相続人の間で、遺産の分配に偏りが生じた場合には、しっかりと自分の想いを全ての相続人に伝えて、納得してもらうことが必要です。自分らしい「遺言書」を残す意味においても、「付言事項」を最大限に活用してみてはいかがでしょうか。

     

    ホームページはこちら

     

    2019.11.14 Thursday

    「AIバス」について

    0

      全国で「AI運行バス」の試験運転が行われ始め、九州大学構内でも商用サービスとして試験的に走り出したようです。

       

      現在は、スマホを使って乗車場所と降車場所を知らせることで、バスの運転手がAIの指示したもっとも効率的な運行経路を走り、利用者の便を図っているということですが、近い将来は自動運転でもっとも効率的なルートを選択して無人のバスが運行するようになるでしょう。そうなれば、現在のような発車時間が予め決められたものではなくなり、必要なヒトが必要な時間に、現在のタクシーのような感覚で利用することができるようになります。いずれは、バス停というものも無くなるのでしょう。

       

      この「AIバス」は大都会ではなく、宇部市のような中小都市に向いているように思います。バスの便が少なく、利用者もまばらなために、効率性の点から切り離されていた郊外に住むヒトが街中にやってくる手段として、いつでもどこからでもやってくる乗り合いの「AIバス」が身近にあれば、1人あたりのガソリン消費量が日本一の山口県では大助かりです。高齢になって、運転免許証を手放した後も、こういった移動の手段があれば、郊外に住む高齢者も安心でしょう。

       

      「AIバス」が一刻も早く導入されることを望むばかりです。

       

      *「AI運行バス」は、ドコモの提供する次世代モビリティサービスのことを言います。

       

      ホームページはこちら

       

       

      2019.11.13 Wednesday

      終活のワンポイント・アドバイス(その8)〜ペットの終活

      0

        ペットを飼っている高齢者は、万が一に備えて「ペットの終活」を考えましょう!

         

        最近は、ペットを飼っていらっしゃる高齢者が増えてきているように思います。イヌやネコは大事に飼っていると15年から20年近く生きるようになりました。人間の残された寿命よりも長く生きているペットも多くなってきています。そのため、事前に飼い主の身に何かあったときに備える必要が生じるようになってきました。

         

        飼い主に何かあったときにペットの世話を頼む場合に、考えられる方策としては、死後事務委任契約遺言で負担付き遺贈を行う民事信託を利用することが考えられます。

         

        ,砲弔い討蓮∋犖紊了務委任の一環として、「ペットの世話」を頼む方法です。ペットの飼育に長けた人でないと難しいため、事前によく相談しておく必要があります。

        △砲弔い討蓮遺言で、一定の財産を遺贈する代わりに、ペットの世話を頼むことになります。この場合も、予めペットの飼育を任せるヒトに了解を得ておく必要があります。

        については、健康を害してペットの世話ができなくなった時点で、ペットの世話を頼み、一定の財産(信託財産)をペットが生存している間、使うことを許す方法です。この場合は、受託者を誰にするかが問題となります。家族に託せるヒトがいれば問題が無いのですが。知人などに託する場合は、報酬の問題が生じます。

         

        高齢になると、いつ何時に身体の自由が利かなくなるか分かりません。従って、健康なうちに、万が一に備えて「ペットの終活」を考えておくことが必要です。

         

        ホームページはこちら

        2019.11.12 Tuesday

        「リバースモーゲージ」について

        0

          最近、80才を過ぎた頃から、手持ちの資金が底をつきそうなので、リバースモーゲージを利用して、亡くなるまでの間の生活費(年金)の不足分を補えないかという相談を受けることが多くなりました。

           

          山口県内で、リバースモーゲージを取り扱っている金融機関は、〇蓋銀行、∪承銀行の二社あるようです。

           

          山口銀行のヒトにリバースモーゲージについて聞いてみたところ、リバースモーゲージを利用するためには、貸し出す資金の使途が、―斬陲侶築及び購入の資金、⊇斬陲離螢侫ームの資金、サービス付き高齢者住宅の入居一時金、そ斬陬蹇璽鵑亮擇蟯垢┐了餠發鳩茲泙辰討い董∪験菷颪梁しにする目的では無理のようでした。

           

          また、融資金額も物件(担保価値)の60%の範囲内と決まっているため、地価の安い山口県では、なかなか厳しいモノがあります。市場性という点でも問題があるようでした。契約者(夫)が亡くなると、配偶者(妻)に引き継がれることもないため、その意味でも使いずらいものがあります。

           

          「おひとりさま」が増えて、空き家問題や所有者不明土地の問題が大きく取り上げられるようになった今日、国が政策的にこの問題の解決に乗り出さないことには、解決につながらないような気がします。国が生前に担保物権として高齢者の土地・建物に抵当権をつけて、生活費(年金)の不足分を補うようにして、亡くなった後は、利害関係人として、相続財産管理人の申立を行い、最終的に国のものにすれば、空き家問題も年金問題も解消され、抜本的な解決につながるように思います。

           

          夫婦の場合は、2020年から始まる配偶者居住権をつけて、夫婦ともに亡くなった後に国のものにすれば、全ての問題が解決するのではないでしょうか。

           

          ホームページはこちら

          2019.11.11 Monday

          相続のワンポイント・レッスン(その8)〜法定相続情報証明制度

          0

            遺産の名義変更に「法定相続情報証明制度」を活用しよう!

             

            平成29年5月29日から相続登記の促進を目的として、「法定相続情報証明制度」がスタートしました。

             

            この制度は、戸籍をもとに「法定相続情報一覧図」を作成し、法務局の登記官に証明してもらうモノです。

             

            手数料は、無料です。

             

            この一覧図は、弁護士・司法書士・行政書士などに依頼して作ってもらうこともできます。

             

            これにより、戸籍の束を持ち歩く必要は無くなります。最近では、ほとんどの金融機関で利用できるようになりました。不動産の名義変更だけでなく、預貯金を含む遺産の名義変更に活用されてはいかがでしょうか?

             

             

            ホームページはこちら

             

             

             

            2019.11.10 Sunday

            クロちゃんです!(2019年11月)

            0

              最近のクロちゃんです。あい変わらずせわしなく動き回っています。

               

               

               

              ホームページはこちら

               

              2019.11.09 Saturday

              ヤマノ事務所(令和元年11月)

              0

                ミカンの木に実が付きました。今年は、食べられそうです。

                 

                ホームページはこちら

                 

                2019.11.08 Friday

                遺言のワンポイント・アドバイス(その7)〜公正証書遺言

                0

                  終活の一つとして公正証書で遺言を作ろう!

                   

                  遺言は、主として(1)自筆証書遺言、(2)公正証書遺言の二つの方法があります。自筆証書遺言は、遺言書の検認件数から見て、おおよそ年間1万8000件、公正証書遺言は年間約11万件作られています。

                   

                  公正証書で遺言書を作るメリットとしては、

                   ー筆証書のように遺言書の検認手続きを経ることを要しないので、相続開始後にスムーズに手続きが行えること

                  ◆^筝製颪慮極椶公証人役場に保管されているため、紛失や改ざんの恐れがないこと

                   「遺言検索システム」が確立されているため、どこの公証人役場においても、検索が容易であること

                  ぁ仝証人が施設や病院に出向いて作ることができるため、遺言者の負担が少ないこと

                  ァ仝述したものを公証人が筆記するという方法をとっているため、自書する必要がなく、遺言者の負担が少ないこと

                  などが考えられます。

                   

                  もっとも、上記,らについては、令和2年7月10日からスタートする「法務局における自筆証書遺言の保管制度」によって、自筆証書においても同様なサービスが受けられるようになります。従って、公正証書で遺言を作成する最大のメリットは、遺言書の内容を確認して署名・押印するだけで簡単に遺言を作ることができ、施設や病院、場合によっては自宅においても、公証人が出向いてくれることで、遺言者の負担が少ないことと言えそうです。

                   

                  ホームページはこちら

                   

                   

                  2019.11.07 Thursday

                  まじめ川散歩(その5)

                  0

                    最近の真締川近辺です。

                     

                    ホームページはこちら

                     

                    2019.11.06 Wednesday

                    終活のワンポイント・アドバイス(その7)〜エンディングノートの活用

                    0

                      終活にエンディングノートを活用しよう!

                       

                      終活の必需品といえば、やはりエンディングノートではないでしょうか?エンディングノートは、過去・現在・未来にわたって、自分の様々な情報を整理することにより、今後の生活に役立たせることができます。

                       

                      また、エンディングノートを実際に書いてみることにより、自分の気持ちが整理され、残された時間を有効に活用しようという気持ちも芽生えます。財産を整理することで、実際の相続の場面での利用が図れます。終末期には、自分の意思を周囲の親族などに伝えることで、周囲の親族に不要な心配をかけなくて済みます。

                       

                      予め将来起こりうる事態を想定してみることで、将来の問題点も見えてきます。問題点が見えてくることで、その対策も講じることができるでしょう。

                       

                      このようにメリットばかりのエンディングノートです。一度、お手にとって書いてみてはいかがでしょうか?ヤマノ事務所では、オリジナルのエンディングノートを利用して、エンディングノートの作成を支援しています。

                       

                       

                      ホームページはこちら

                       

                       

                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM