2018.10.24 Wednesday

おひとりさまの終活(その3)〜「孤独死」を避けるためにやっておくこと

0

    「おひとりさま」は身近に親族がいないために、「孤独死」の危険があります。亡くなった後に何週間も経って異臭がするために大家さんが部屋に入って始めて遺体を発見するというコトが頻繁に起こるようになっています。

     

    この「孤独死」を避けるためには、ー囲の人と生前からコミュニケーションをとるようにしておくこと、△劼箸衒襪蕕靴任△襪海箸鯡鮟蠅筺崔楼菠餝膸抉腑札鵐拭次廚肪里蕕擦討くこと、K問系(見守り)サービスを利用すること、をお勧めします。

     

    ,砲弔い討蓮言うまでもなく、日常的に誰か自宅に訪ねてくるヒトがいれば、早い時点で見つけてもらうコトができます。倒れた時から間がない時点で発見されれば、病院で早期に診てもらうコトで、回復することもあるかもしれません。いずれにしても、孤立化は認知症を引き起こす可能性も秘めているため、できるだけ多くのヒトと関わっていくように心がけるべきでしょう。

     

    △い弔い討蓮宇部市の場合、見守り愛ネット事業を行っているので、地域であんしん見守り愛ネット事業の一環として、ひとり暮らしの高齢者が「新聞や郵便物がたまったままになっている」「同じ洗濯物が干したままになっている」などの異変が見受けられる場合に、ヤクルトやゆうびん局員などの協力業者が市に連絡する制度があります。そういった制度を利用するためにも、しっかりと宇部市の担当部署に知らせておく必要があるでしょう。

     

    については、予め自身で、ヤクルトさんやゆうびん局さんとの間で見守りサービスを利用する契約をしておくことも一つの方法です。最近は民間会社でも「見守りサービス」をする会社が増えています。こういったサービスを利用することも安心の老後をおくる上で必要だと思います。

     

    ホームページはこちら

    2018.10.24 Wednesday

    家族の介護(その10)〜認知症疾患医療センター

    0

      山口県の認知症疾患医療センターの紹介をします。

       

      認知症疾患医療センターとは、認知症疾患の保健医療水準の向上を図ることを目的とし、医療連携協議会の開催、鑑別診断と初期対応、専門医療相談、地域の認知症対応力を向上するための研修を行ったりして、医療と介護の連携に努めています。

       

      山口県内には、以下の8カ所があります。

      ・ 県立こころの医療センター(宇部・小野田)

      ・ いしい記念病院(岩国)

      ・ 県立総合医療センター(山口・防府)

      ・ 下関病院(下関)

      ・ 泉原病院(周南)

      ・ 柳井医療センター(柳井)

      ・ 萩病院(萩)

      ・ 三隅病院(長門)

       

      かかりつけ医では、単なる老化現象か、認知症か不明な場合や、地域包括支援センターとも連携しながら、鑑別診断と初期の対応を行っているというコトです。

       

      ホームページはこちら

       

       

       

      2018.10.23 Tuesday

      山口県行政書士会の研修に行ってきました!

      0

        本日は山口県セミナーパークで行われた山口県行政書士会の研修に参加しました。県庁(山口県健康福祉部長寿社会課)の職員から、山口県の高齢者についての実情と、介護保険制度についての説明を受けました。

         

        高齢単身世帯(おひとりさま)は増加の一途で、山口県は約15%で全国4位、高齢夫婦のみの世帯にあっては、15.4%で全国1位ということです。つまり、高齢夫婦の割合は全国的にみても非常に高い割合を将来にわたってキープし続け、単身世帯は増加の一途を辿っているというわけです。山口県の高齢化率は、全国と比べて10年早いというコトでした。

         

        市町村別の高齢者人口(平成28年10月1日現在)を見てみると、山口県の65才以上の人口の割合は、32.8%、そのうち75才以上の割合は51.0%なのですが、宇部市の65才以上の人口の割合は、31.3%、そのうち75才以上の割合は49.4%と平均よりもやや若いという結果でした。山陽小野田市の65才以上の割合は、32.2%、美祢市の65才以上の割合は39.0%でした。もっとも高齢化率が高いのは、上関町で54.0%、もっとも低いのは、和木町で25.0%でした。

         

        山口県の介護保険料は、3年毎に改定されるのですが、平成18年当時平均で4088円であったものが、少しずつ高くなっていき、現在5502円になっています。そのうち宇部市は5880円です。下関市は5500円でした。一番安い市町村は周南市で4880円、一番高い保険料をとっているトコロは上関町で6200円でした。高齢者の比率が高いトコロはどうしても介護保険料が高くなる傾向があるようです。職員の説明によれば、保険料の高い安いでサービスが違ってくることはないそうですが、安いに超したことはないように思えました。

         

        要介護度別にみた介護が必要なった主な原因の上位三つは、総数では、’知症、脳血管疾患(脳卒中)、9睥陲砲茲訖蠎紊任靴燭、要介護5に限定すると、’招豐票栖機頁沼潅罅法↓認知症、9折・転倒でした。認知症は、要介護状態になると、かなりの比率を占めるのですが、軽い要支援や、重度の介護状態では、脳血管疾患の比率が高いという結果でした。

         

        山口県は高齢者の割合は年々増加の傾向にあるのですが、2030年に75才以上の人口がピークを迎え、その後、高齢者数は減少に転じます。100才以上のヒトも現在1157人いるというコトなので、これから続く少子高齢化の波をどう乗り切っていくのかが今後の課題となるのでしょう。

         

        ホームページはこちら

         

         

        2018.10.23 Tuesday

        気になる健康(その2)〜糖尿病

        0

          今回は糖尿病について解説します。わたしの父が40代から糖尿病で苦しんでいるのも目の当たりにしているので、糖尿病には人一倍の注意をしてきました。

           

          現代病とも言うべき「糖尿病」は、40才以上の10人に1人は発病しているとも言われ、身近な病気の一つです。

          厚生労働省の2017年の調査によると、男性の18.1%、女性の10.5%が糖尿病が強く疑われるというコトです。ちなみに、糖尿病による死亡率は、山口県は人口10万人あたり11.5人(全国平均11.0人)で、全国20位でした。ワースト1位は徳島県、2位が香川県、3位が福島県、4位が青森県、5位が山梨県ということです。

           

          ヒトは食事をすると、糖質は消化管でブドウ糖に分解・吸収されて血液中に入り、肝臓に運ばれていきます。このとき膵臓は血糖値が上がったことを感知してインシュリンを分泌します。このインシュリンが正常に働けば血糖値がコントロールされ続けます。ところが、肥満や偏食、運動不足などの要因が重なると、インシュリンの働きが悪くなり、血糖値の高い状態が続くようになります。

           

          糖尿病の怖いトコロは、静かに進行を続け、いずれは合併症を引き起こすことです。合併症は、目にきたり、腎臓や神経に障害が現れたりします。わたしの父も糖尿病から白内障になりました。

           

          糖尿病の予防策としては、/事療法、運動療法、L事療法が考えられます。

          ,蓮⊃生活を見直し、食べ過ぎ、偏食を改善していくことから始めます。

          △蓮運動をすることで、ブドウ糖の消費量が増え、血糖値が下がること、インシュリンの働きが良くなること、脂質代謝を改善して、動脈硬化を抑えること、体脂肪、特に内臓脂肪を減らすことなどがあげられます。

          は、血糖値を下げる飲み薬が一般的です。

           

          最近よくテレビで見かけるようになった同世代の華道家假屋崎省吾さんも一時糖尿病で大変なコトになりかけた経験をお持ちなそうで、食生活や生活習慣を見直した結果、復活されたようです。

           

          わたしの父は、最終的にはがんで亡くなったのですが、40代から78才で亡くなるまでの間、常に糖尿病に苦しめられていた感がありました。

           

          ホームページはこちら

           

           

          2018.10.22 Monday

          相続対策(その3)〜生命保険の活用

          0

            今回は、相続対策として「生命保険の活用」を考えてみようと思います。

             

            生命保険による相続対策として、遺産分割対策相続税の非課税枠の活用納税資金対策二次相続対策が考えられます。

             

            ,砲弔い討蓮∪弧進欷蔚發受取人固有の権利と考えられているので、相続財産から外れます。そのため、被相続人は自分の意思で一定の財産を特定の相続人に渡すことが可能となります。つまり、不動産しかめぼしい財産が無い場合に、生命保険金を遺留分対策として利用することができます。子がAB二人いる場合に、Aに不動産、Bに生命保険金を渡すというケースです。この場合もAに不動産を相続させる遺言書を書いておいて、。舛鮗取人として指定する場合と、■造鮗取人として指定する場合に分かれます。いったん全てをAに帰属させて、Bに遺留分相当分を分配させる方法もありますし、Aは不動産、Bは生命保険金と分けて相続させることもできます。親子関係とAとBの関係によって微妙に使い分ける必要があるように思います。いずれにしても、生前に相互によく話し合っておくか、遺言書の附言事項を使って、自分の想いを伝えることが必要でしょう。

             

            △砲弔い討蓮∩蠡垣蚤从として、生命保険金の「500万円 × 相続人の数 」の非課税枠を活用することです。最近は、高齢化が進んでいるため、保険料が家計を圧迫することも少なくありません。従って、終身保険で、掛金を一定の年齢で払い終わる保険(有期払込保険)がお勧めです。また、保険の受取人を配偶者にした場合は、相続税対策としてはメリットが薄くなることを頭においておきましょう。

             

            については、相続財産のほとんどが不動産で、現金や預貯金があまりないケースでは、相続税対策としては、有効です。生命保険金によって納税資金を確保できれば、他の相続財産(多くは不動産)を売却せずにすみます。

             

            い砲弔い討蓮∩蠡垣任鮃佑┐訃豺隋配偶者は税額軽減措置があるため、ほとんどのケースで相続税が問題になることはありません。むしろ問題となるのは二次相続(親から子、孫に相続)する場合なので、二次相続した場合まで考慮して相続対策をしなければなりません。この場合、生命保険金の受取人は配偶者ではなく、子や孫にしておくことが賢明でしょう。

             

            生命保険の活用を考えて、終身保険に加入する場合は、一般的に年齢が若い方が保険料を安くすることができます。二次相続まで考えられている方は、早い段階で加入して保険料の払込を終えておくことをお勧めします。

             

            ホームページはこちら

             

             

             

             

             

            2018.10.21 Sunday

            戸籍あれこれ(その4)〜戸籍附票

            0

              今回は、「戸籍」と一緒に本籍地で管理されている「戸籍附票」について考えてみたいと思います。

               

              戸籍附票は、本籍地のある市町村役場で、戸籍とともに住民票の異動を管理しているモノです。ヒトは住所を異動すると、住んでいた市町村に転出届けを出して、新しく住むようになった市町村に14日以内に転入届を出しますが、その際に市町村から本籍地の役場に通知がなされます。この通知によって、正確に住所が「戸籍附票」に反映されます(住民基本台帳法16条)。

               

              わたしは、これまで本籍は「山口県宇部市上宇部○○○番地」で同じでしたが、住所は「山口県宇部市」の実家から、福岡県福岡市→東京都中野区→東京都世田谷区→静岡県沼津市→東京都武蔵村山市→山口県下関市→山口県宇部市→岡山県津山市→山口県下関市→山口県宇部市→広島県福山市→山口県宇部市と転居していたので、全ての住所が「戸籍附票」に記載されています。転勤族の場合は、自宅があっても、単身赴任地の住所に住民票を移さなければならないので、このように多くの住所が戸籍附票に記載されています。

               

              したがって、相続人の住所が不明な場合は、まず戸籍の附票を取ってみるというのも方法です。通常の方ならば、住民票を移しているので、この附票をみれば現住所がわかります。もっとも、借金取りに追われて時効が生じる期間まで逃げているヒトやDVの離婚訴訟中のために住民票はそのままというケースもたまにありますが・・・。

               

              ホームページはこちら

               

               

               

               

              2018.10.20 Saturday

              投資信託の情報(5)〜H30.10.19

              0

                今週の投資信託の状況です。

                 

                2018年10月19日(金)の日経平均株価  2万2532円

                 

                ファンド名     基準価額   前週末比率金額  リターン(年率)

                ひふみプラス   3万9502円  −  261円    6.38%

                 

                ニッセイ日経225 2万5269円  −  183円    9.11%

                 インデックスファンド

                 

                SMTグローバル株式 1万7185円  + 171円    2.65%

                 インデックス・オープン

                 

                ベトナム株式ファンド 1万9480円  + 249円    13.79%

                 

                野村リートファンド  1万4267円  +  98円    12.28%

                 

                全体的には下がっていますが、落ち着いてきた感があります。

                 

                ホームページはこちら

                 

                2018.10.19 Friday

                「所有者不明土地」問題を考える

                0

                  東日本大震災の復旧・復興事業の中でいっきに表面化した「所有者不明土地」の問題ですが、この問題が生じる原因として、相続登記がなされないまま放置されている実態があると言われています。

                   

                  国土交通省による平成28年の地籍調査によると、不動産登記簿上で所有者の所在が確認できない土地は約20%と言われています。法務省で全国の10カ所で10万筆の土地を調査したところによれば、最後の登記から50年を経過している割合は、大都市で約6.6%、大都市以外では26.6%と、4件に1件は相続登記がなされないまま放置されていることが判明しました。

                   

                  一般社団法人国土計画協会の「所有者不明土地問題研究会」が公表している調査結果によると、平成28年時点の全国の所有者不明土地の割合は20.3%、面積410万haに相当し、九州の面積368万haを上まわっているとのコトです。このままいけば、2040年には約720万haとなり、北海道の面積(約780万ha)に近づくモノとされています。

                   

                  この問題を解決するために、法務省で検討されている事項は、〜蠡嚇亠の義務化、土地所有権を放棄する制度です。

                   

                  ,砲弔い討蓮登記簿と戸籍簿との連携をはかり、マイナンバー制度導入による役所間の情報共有が実現すれば、不可能ではないようにも思います。将来的には、iot化が進み、AI(人工知能)が全てのインターネットとつながっていけば、問題は解消するでしょう。そのためには、現在の市町村と法務局と税務署の壁を一掃することが先行する課題です。また、相続登記の義務化は、日本民法を創設した当時のフランス民法に基づいた考え方、つまり登記は対抗要件にしかすぎず、登記に公信力を持たせていない現行民法の体系をどのように変えていくかという難問もはらんでいます。

                   

                  土地の所有権を放棄する制度は、相続放棄全般のあり方とからんでくるので、これも難問です。個別の土地のみについて、放棄できて、市町村が受け入れてくれるのであればよいのですが、現在も不便な土地を受け入れる市町村は皆無です。

                   

                  この問題は、日本国の領土問題とも関係があるので、諸外国(特に中国?)につけ込まれるコトがないよう願いたいモノです。

                   

                  ホームページはこちら

                   

                   

                   

                   

                   

                  2018.10.19 Friday

                  公正証書遺言の作成手数料

                  0

                    公正証書遺言を作成するにあたって、公証人に支払う手数料は、以下のとおりです。

                     

                      目的の価額     手数料  

                    〜 100万円まで   5000円

                    〜 200万円まで   7000円

                    〜 500万円まで 1万1000円

                    〜1000万円まで 1万7000円

                    〜3000万円まで 2万3000円

                    〜5000万円まで 2万9000円

                    〜   1億円まで 4万3000円

                    以上超過額5000万円までごとに3億円まで1万3000円、

                    10億円まで1万1000円、10億円を超えるもの8000円

                    を加算

                    相続を受ける人(受遺者)が2人以上いる場合は、それぞれに手数料が生じますので、合算します。

                    目的の価額が1億円未満の場合は、以上の手数料に1万1000円を加算した金額です。

                    ・他に証人2名が必要です。

                     

                    (配偶者と子2人の場合)

                    5000万円を配偶者2500万円、子が1250万円宛を取得する場合、2万3000円×3+1万1000円=8万円、証人1人1万円の場合は、手数料等のみで10万円となります。

                     

                    ホームページはこちら

                     

                    2018.10.19 Friday

                    朝日新聞にセミナーの広告を載せました!

                    0

                      本日(19日)と明日(20日)の朝日新聞の朝刊(山口版)に終活・遺言セミナーの広告を載せましたので、ご覧ください。

                       

                       

                      ホームページはこちら

                       

                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM